シミの種類と原因と対処法

シミの種類と原因と対処法

シミといってもその症状は人それぞれです。

 

濃いシミ、薄いシミ、くすみなど原因も違えば対処法も違うものばかり。
ここではそれぞれの症状別にシミを消す方法について見ていきます。

シミの種類と原因と対処法記事一覧

くすみ

『くすみ』が具体的にどういう状態か案外知らない人が多いんです。くすみとは角質の汚れにより、肌全体が黒ずんで透明感がなくなってしまう細かいシミのことなんです。肌のターンオーバーが遅れ固い角質が皮膚表面に残っている状態ですね。さわると、肌がざらざらしている場合が多いようです。くすみの場合、自分である程度...

≫続きを読む

 

肝斑

ぼんやりじみとも言われる肝斑は、頬骨、鼻の横、額などに左右対称にでき色は薄めですが、広範囲にぼんやりできるシミです。30代以降の女性に多いのが特徴です。女性ホルモンが関係していると言われ、妊娠中やピル服用中にできることもあります。実際、妊娠、出産をしたらシミができたという話もよく耳にします。女性ホル...

≫続きを読む

 

老人性色素斑

老人性色素斑という名前ですが、実は30代以上の人に増える日焼け記憶ジミです。こめかみや頬骨など、比較的出っ張ったところにできる1?2mmくらいの丸っぽくて凹凸のないシミですが、徐々に色が濃くなっていきます。日焼け後に放置してしまった場合にできやすく、紫外線ダメージを記憶してしまうため、どんどんメラニ...

≫続きを読む

 

炎症性色素沈着

ニキビや、炎症、脱毛などによる刺激によってできるシミです。このシミは、お肌のターンオーバーが正常な場合は薄くなったり、消える可能性があります。しかし、刺激を与えたり、紫外線に浴びると濃くなってしまいます。ピーリングなどでターンオーバーを促してシミを薄くすることもできますが、炎症をシミに変えないように...

≫続きを読む

 

そばかす

先程も述べましたが、そばかすは遺伝的要素が大きいと考えられています。紫外線の影響で範囲が広がったり、濃くなったりする場合もあるので、紫外線対策はしっかりとしましょう。レーザーで除去することもできますが、再発しやすいのもそばかすの特徴です。除去した後も、紫外線対策はしっかりね♪

≫続きを読む

 

光線性花弁状色素斑

海水浴や、雪焼けなど、強烈な紫外線を浴びた後にできる、星や花びらのような形をした細かいシミです。20代から30代の比較的若い人たちに見られます。特に色白で、日焼けすると赤くなるタイプの人が多いようです。両肩から背中の上部にできることが多いですが、顔、首、腕、胸にもできます。このシミは、時間をおくと薄...

≫続きを読む

 

脂漏性角化症

40歳以上に多い、良性の腫瘍です。茶色や黒に変色したシミが、イボのように盛り上がるのが特徴です。全身にできますが、目立つところではこめかみや頬骨、首回りに多いようです。大きさも、数ミリから数センチと様々です。このイボの場合、自分でどうにかすることは難しいと思います。レーザーで切除が可能ですので皮膚科...

≫続きを読む

 

摩擦黒皮症

皮膚をタオルで強くこすったり、服のすれなどの刺激で皮膚が黒くなってしまうことを言います。強い刺激でメラニンが真皮まで入り込んでしまうため、なかなか治らないやっかいなシミです。原因はナイロンタオルでゴシゴシこすることが考えられています。他にも、下着のすれなどでおきる人もいるようです。洗顔と同じように、...

≫続きを読む

 

太田母斑

日本人に多く見られる青いシミで、子供の頃から思春期にかけて見られます。男性より女性の方ができやすいようです。悪性化することはありませんが、自然に消えることはなく、思春期になるとさらに濃くなる傾向にありますこのシミは、保険適用でレーザーで除去することができます。大人よりも子供の方がレーザー治療の効果が...

≫続きを読む

 

赤ら顔・酒さ

赤ジミとも呼ばれます。このシミは紫外線とは関係なく、何らかの原因で、顔の皮膚の下の毛細血管が充血することによるものと言われています。お酒を飲んだり、運動後、お風呂上がりなどに一時的に顔が赤くなることは誰にでもありますが、特に刺激のないときでも長時間顔が赤くなったり、赤いぶつぶつが出る場合もあります。...

≫続きを読む